スチールラック 移動ラック(電動式・手動式)

手動ラックの写真です。

スチールラック 移動ラック(電動式・手動式)の特長

業務用スチールラック・スチール棚を目的・用途別に区分した場合、別名移動棚と呼称される移動ラックがあります。通販のネオスチールが取り扱う移動ラックは2社です。 ホームページ掲載の明興工業製と粉体塗装の三進金属工業製です。
集密棚とも呼ばれる移動ラックは床単位面積当たりの収納効率を高める最も基本的な設備です。 移動ラックには電動式、スライドハンドル式、手動式が用意され、それぞれに軽量ラックから重量ラックまでを搭載する事ができます。 倉庫や工場などの運営方法と収納する物品の種類、そして予算などに合わせた適切な組み合わせを選択することができます。

スペースの最大利用。理想の収納・保管・整理を実現。手動ラックの場合、固定棚と比較すると、同じ収容量を 1/2のスペースで収納でき、また同じスペースなら2倍の収容能力が生まれます。 手動ラックとは、軽量ラックの棚板と、アングル60型を支柱とした構造に台車枠とパネル・把手を付けてレール上で走らせるようにしたエコノミーな移動ラックです。書架タイプもあります。

▲このページのTOPへ

ハンドルラック(書架タイプ)

ハンドルラック

ハンドルラック(書架タイプ)とは、保管庫・書架の固定収納什器と比べ、床面積当たり約2.5倍の収納効率を上げます。
車輪の軸受けは自動調心式であるため、全荷重時にも軽く動きます。
通路の安全を確保する通路ロック装置付きです。
棚板ピッチ25mmで移動できますので、収納物に応じて間隔を調整できます。
表・裏とも化粧パネルが付き、オフィス等にも設置できます。

▲このページのTOPへ

(中量タイプ)

ハンドルラック

ハンドルラック(中量タイプ)は、棚にはさまれる事のない様に台車を固定するハンドルストッパーはもちろん、台車にねじれ等を生じさせない工夫された構造です。 倉庫、工場でよくつかわれる現行の中量ラックに、部品を追加すれば約2.5倍の収納効率をあげるハンドルラックとしてご利用いただけます。軽量タイプもあります。

▲このページのTOPへ