スチールラック 120kg/段 軽量棚

スチールラック 120kg/段 軽量棚のポイント

棚板1枚当たりの均等耐荷重が120kg/段の業務用ボルト又はセミボルトタイプのスチールラック、スチール棚は、 別名アングル棚と呼称されます。万能型、普及型とも言われオープン型に様々なオプション部材、部品を付加させることにより、 用途がグーンと広がります。2mmの支柱で強度、耐久性も抜群です。
詳しくは、ホームページの「仕様図面」をご覧ください。
納得の低価格品、品質本位の激安通販なら通販のネオスチールにお任せ下さい。

スチールラック 120kg/段 ボルトタイプ

スチールラック120kg/段 ボルトタイプ1800Hx1500Wx600D(5段)
最大耐荷重120kg(棚板1枚当たり)
最大均等
載積荷重
600kg(1台当たり)
カラーアイボリー
スチールラック120kg/段 ボルトタイプ 商品構成部材・部品

こちらから、簡単にお見積りができます⇒ 価格検索システム

▲このページのTOPへ

スチールラック 120kg/段 セミボルトタイプ

スチールラック120kg/段 ボルトタイプ
最大耐荷重 120kg(棚板1枚当たり)
最大均等
載積荷重
600kg(1台当たり)
カラーアイボリー
スチールラック120kg/段 ボルトタイプ 商品構成部材・部品

こちらから、簡単にお見積りができます⇒ 価格検索システム

▲このページのTOPへ

軽量スチールラック(120kg/段)の主な特長

  • 当社の軽量スチールラック(120kg/段)は業務用として使用されるお客様組立商品です。
  • 商品は目的、用途に合わせてお選びいただけるように、「ボルト式」と「セミボルト式」の2種類を用意致しております。
  • 商品は部材、部品別にダンボールで梱包され、まとめられた状態でお届けする「ノックダウン」商品です。 (部材、部品名は上記右図をご参照ください)。
  • ボルト式とセミボルト式の違いですが、上下棚板の組立てはボルトナットを使い共通ですが、中棚板の組立てはセミボルト式の場合「フック」という部品を使用致します。(上記右図をご参照ください)。
  • 軽量スチールラックは汎用性の高い万能型とも呼ばれ、オプションの種類は豊富に準備されています。
  • オプションにはアングルキャスター(常時在庫品)、仕切板、背側板(スチール製)金網、板、コボレ止めなど受注生産ですが1枚、1個から承ります。

部材・部品の主な特長とメリット

支柱…40mm×40mmのL型でホーミング加工で製造されます。穴ピッチは50mm間隔でプレスされています。

<メリット>

1枚(段)当たり平均(均等)的に物を積載し120kgに耐えられるよう材料厚は2mmを使用しています。 業務用軽量スチールラック(棚)としては一番厚い材料を使っていますので安全で安心です。 他社の120kg/段用で使用される材料は1.6~1.8mm厚ですので、耐久力や強度が全く異なっております。

軽量スチールラック120kgの支柱

▲このページのTOPへ

棚板…棚板の材料厚・棚板の補強など業務用軽量スチールラック(棚)としては最高水準で製造されています。 支柱と棚板の組合せにより1枚(段)当たりの耐荷重120kgが確保されます。 他社品の80~100kg/段より重く、完成した場合の感じは全く異なってまいります。

<メリット>

完成品は支柱に棚板をボルトナットで組み立てるボルト式と、上下のみ「ボルトナット」でそれ以外は「フック」という部品で組み立てる セミボルト式の2種類がありますが、1枚(段)当たりの耐荷重は120kgであり、最高位の商品となります。

軽量スチールラック120kgの棚板

▲このページのTOPへ

コーナープレート(小)…棚板の上下2枚に対し各コーナー に2枚ずつ使用しますので1台当たり16枚を使用します。 1枚当たりボルトナットは3本使用しますので1台当たり48本使用する事になります。
・コーナーにこの部品を使用し組み立てる事により強度と安定感を引き出します。

足ベース…直接床に支柱が当たり傷をつけない為に使用する金属製の部品です。

フック(セミボルト式)…棚板上下はボルトナットで組み立てますが、 それ以外の棚板は「フック」という部品を支柱に引きかけ、そこに棚板を乗せます。棚板1枚に4個を使用致します。

<メリット>

自由自在に簡単に棚板の移動が出来ますので流動的な積載物の保管には最適です。

軽量スチールラック120kgのコーナープレート、フック

組立簡単!ボルトレスタイプのスチールラックも是非ご覧下さい。
スチールラック200kg/段/スチールラック300kg/段/スチールラック500kg/段

  • 価格検索システム
  • メールでお問合せ
  • FAXでお問合せ

▲このページのTOPへ